ホームサイトマップキーワードマップ

通信講座で挫折や失敗するまえに

通信講座で資格を取ろうと思って申し込んだものの、結局何もしないで挫折や失敗したと思ったり、資格も取れないまま終わってしまったという経験はありませんか?

通信講座は簡単に始められ、何もしなかったからといって、誰も何も言いません。
だからついつい先延ばしにしてしまいがちです、これが挫折の始まりです。
あ〜やっぱり止めておけばよかった失敗した、せっかく申し込んだ通信講座ですから確実に資格を取りたいものです。

それでは、確実に資格を取るためのポイントを紹介していきます。

通信講座で挫折や失敗しないで資格を取るためのポイントその1
「本当に必要な資格かどうか」まず自分にとって本当に必要な資格かどうか再確認しましょう。
自分のやっている仕事に本当に必要な資格であれば嫌でも勉強するでしょう。
資格の必要性があいまいだと、ついつい勉強が後回しにしてしまいます。

なんとなく資格でも取ろうかなという気持ちではモチベーションを保つのが難しいでしょう。
厳しい話かもしれませんが通信講座で勉強する以上、自分を追い込めるようなモチベーションがなければ継続して勉強することは難しいでしょうし、適当に勉強したくらいで取得できるような資格であればその価値も低いはずです。

本当に自分にとって必要な資格かどうか確認してみてください。

通信講座で挫折や失敗しないで資格を取るためのポイントその2
「現状からどうやって時間をつくるのか」現在の生活を時間単位で見直していきましょう。

例えば資格取得の勉強のために毎日1時間勉強するならば、その1時間をどうやってつくるのか、よく考えましょう。
そしてできるだけ現実的な計画をたてて時間をつくりましょう。
通信講座という性質上、申し込んでから勉強時間を確保するという方法では間違いなく失敗します。

そして勉強時間を確保するには、他のことを犠牲にするくらいの覚悟が必要です。
たとえば「睡眠時間を削る」「付き合いの酒をやめる」「晩酌は止める」など苦痛を伴う覚悟をすることも必要です。

通信講座で挫折や失敗しないで資格を取るためのポイントその3

「アフターフォローを確認する」同じ資格の通信講座でも受講料はさまざまです。
受講料の違いはアフターフォローの違いと考えてよいでしょう。
受講料=教材費という通信講座もあります。

この場合は受講料は安いかもしれませんが、自分で計画を立ててこつこつと勉強をこなさなければ、資格の取得は難しいでしょう。
添削がある場合は、添削指導期間がどのくらいあるのか、もし資格が取得できなかった場合は、引き続き勉強できるのかなど、よく確認しておく必要があります。

また、もしわからないことが出てきた場合、質問できる体制が整っているのかどうかもチェックしておくとよいでしょう。

質問して1週間以上たっても返信がなければ、何がわからなかったのかも忘れてしまいますし、もちろんモチベーションも下がってしまいます。

アフターフォローはパンフレットだけでわからないこともあるので、不明な部分は直接問い合わせてみるとよいでしょう。

問い合わせの返信や電話の応対で、だいたいのアフターフォローのレベルがわかります。


 

アーティクル

 



キーワード

 

 

[Sun Sep 25 23:55:23 2022] [warn] long lost child came home! (pid 29305) em) ocal/apache/bin/suexec)